京都 エステ 美骨ファクトリー  DNA予防でダイエット 伏見区丹波橋駅40秒 痩身 ダイエット本格専門店 - 2015年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目からウロコ 脳改革ダイエット

②生活習慣

②-3入浴

今日は湯船につかりましたか?
それとも、シャワーで済ませましたか?

気温も上がり、汗をかくことが多くなりだすこの季節。シャワーで済ませがちになります。
しかし、面倒だと思わずに、眠る1時間ほど前に湯船でぬるめ(夏:39℃、冬:40~42℃)のお湯に15分ほどつかって体を温めてみましょう。

そうすることで自律神経が整い、体温がゆるやかに下降してくる30~60分後、温まったまま気持ちよく睡眠に入ることができます。
これは脳の緊張を和らげて深いリラックス効果を得ることで、副交感神経が優位になるのです。
自律神経には活動時に優位になる交感神経とリラックス時に優位になる副交感神経があります。このふたつがリズムよく働くことが大切なのですが、ストレスや夜型の生活などで体は常に活動モードでいることが多く、副交感神経の働きが低下しているのが、現代人の特徴ともいえます。
この自律神経が乱れることで代謝活動が滞り、本来まんべんなく全身の細胞に送られるはずの栄養素が皮下脂肪として蓄えられ、太りやすくなる原因にもなります。

また、湯船につかることで、浮力により体を支えている関節や筋肉の負担が軽減されるので、全身マッサージ効果で疲れもとれるうえに、水圧の効果で手足の末端の血液をポンプのように押しあげ、血液とリンパの循環もアップし、むくみも緩和されます。

湯船につかるのは、いいことづくめ・・・
残業でゆっくりつかれない・・・そんな日も短時間でも湯船につかって眠りにつきましょう!

                  yjimage バスタブ

朝に入る場合は42℃以上の熱めのお湯に入ると、血圧が上がり、交感神経が優位になりしゃきっとします。寝起きで頭をすっきりさせたいときにはおすすめですが、心臓に負担がかからないように10分以下で入りましょう。


目からウロコ 脳改革ダイエット

②生活習慣

②-2、食事

健康的な生活のためだけでなく、たとえダイエット中であっても
一日三食きちんと食事を食べることはとても重要です。

前日の晩の暴飲暴食を後悔して
翌朝の献立の量を減らして調節するのはまだしも、
朝食自体を完全に抜いてしまうのは考えものです。

朝陽を浴びて、朝食を食べることで体内時計がセットされ、
一日のホルモンリズムを整えます。
ホルモンリズムが乱れた、いわゆる不規則な生活は
血糖値の上昇や食欲の増進など、肥満との関わりを深めてしまいます。

でも、朝食を食べることによってまず体温が上がり、次いで基礎代謝も上がるので
その日一日食べた物を効率よくエネルギーに変換し、脂肪の蓄積を防ぎます。
朝食を食べることが、体の代謝システムにスイッチを入れる役割を果たしているのです。

では、どんな内容の食事でもよいのでしょうか?

バランスよく食べるに越したことはありませんが、なんと言っても朝は時短が大事!
ところが、一見低カロリーに思えるおにぎりやパンなどの「単品食い」は
ビタミン・ミネラル不足により食べたものを結局エネルギーに変換できず、
そのまま脂肪として溜め込んでしまうのです。

オススメは
◆野菜(果物)ジュース(100%)
◆フルーツ
◆ゆで卵

などをおにぎりやパンと併せて食べると、炭水化物を消化し、効率よくエネルギーとして消費できます。

三食きちんと食べて、エネルギーとしてきちんと使い切ることが、
太らない体をつくる為のポイントです。




bread-21444_640.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。